人生を変えるファッションあります


『街の小さな老舗洋装店がつくるカシミヤ商品』

カシミヤを着る喜びをひとりでも多くのお客様にぜひ知っていただきたい。始まりはその一心でした。 しかし、当時ご来店くださるミセスのお客様向けの商品がどこを探しても見当たりません。 だったら、思い切って私たちで商品をつくってみよう! それが今に続くカシミヤブランド『CEREALS』のスタートです。 こだわりの糸で、アームを広く、ウエストを着やすく。 すべてお客様のお声をそのまま、商品に反映しています。『暖かく、着心地よく、そしてファッショナブルに』それが私たちのポリシーです。


"素材"へのこだわり

CEREALSのカシミヤは世界でもトップクラスで品質が良いと言われる、内モンゴル産のカシミヤを惜しげもなく使用しています。特にアルバス地方産は一番光沢とぬめりのあるカシミヤで、その白さと肌触りからカシミヤの女王とも呼ぶべき最高級原毛です。 その原毛の調達から、ビーカー試験での染色度合の確認、糸の紡績工程まで現地工場を訪問して逐次確認しています。また多くのハイブランドアイテムを生産している、品質管理・生産体制が確立された内モンゴルの提携工場で仕立てており、その世界最高峰ともいうべき技術は舌を巻くものがあります。弊社では年数十回程度現地を訪問し、コミュニケーションを密にとることで高品質なものづくりを実現しています。 もちろん、毎年一般財団法人ケケン試験認証センターによる試験を実施し、カシミヤ100%の鑑定証明書を取得しています。素材へのこだわりは他の追随を許しません。

CEREALS 'cashmere is sparingly using cashmere from Inner Mongolia, which is said to be top quality in the world and good quality. In particular, Albus regional cashmere is the most glossy and slender cashmere, it is the highest quality raw wool that you should call cashmere queen from its whiteness and touch. From the procurement of the raw wool, the confirmation of the degree of dyeing in the beaker test, and the yarn spinning process are visited to the local factory and checked sequentially. Moreover, we are tailoring at a partner factory of Inner Mongolia where quality control and production system has been established, which produces many high brand items, and there are the world's best technique. We visit the site about ten times a year and realize high quality manufacturing by closely communicating. Of course, we conduct a test by the General Foundation corporation Keiken Test Certification Center every year, and have obtained an appraisal certificate of 100% cashmere. The commitment to the material does not allow other followers to follow.


"暖かさ"へのこだわり

「カシミヤ=暖かい」と思われる方が多いかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。 カシミヤといってもピンからキリまで、質や目付け※を落とし安価に販売する商品が多数存在します。 一方、CEREALSのカシミヤは、品質と目付けにとことんこだわり、あたたかさを追求しています。一度手に取っていただくと他のニットとの違いが瞭然です。 カシミヤを贅沢に使用し肉厚な編地を形成するため、お客様にはご好評を頂いております。 ※目付けとは、ニット1着に使用されるカシミヤの重量のこと

There are many people who think that "cashmere = warm", but it is not necessarily the case. Even though it says cashmere, there are many goods that sell quality and Metsuke(※) and sell it cheaply. Meanwhile, CEREALS 'cashmere sticks to quality and weight perfectly and pursues warmth. Once you pick it up, the difference with other knits is clear. We use cashmere luxuriously to form a thick knitted fabric, so our guests have gained popularity. ※ Metsuke means the weight of cashmere used for wearing one knit.


"着心地"へのこだわり

CEREALSのカシミヤは、着心地にもこだわりがあります。そのひとつがアームホールです。 アームホールとは、服の胴体部分と袖部分のつなぎ目のことを言います。ちょうど肩のラインから脇にかけての幅のことです。これをデザインが損なわれないように一般的なサイズより数センチ程度大きく設計しています。そうすることで着用しやすく、腕が動きやすいように機能性を持たせています。 なぜならカシミヤを普段の生活のなかで、着用して頂きたいからです。

Cashmere of CEREALS is also committed to comfort. One of them is the arm hole. The arm hole is the connection between the body part and the sleeve part of the clothes. It is just the width from the shoulder line to the side. Designed this as a few centimeters larger than the general size so as not to damage the design. It makes it easy to wear by doing so, and it has functionality to make the arm move easily. Because I would like to wear cashmere in my usual life.